スムージーの作り置きは大丈夫?

グリーンスムージーを毎日作って用意する一通りの作業、意外と手間や時間がかかる作業かもしれませんね。
もし朝食に飲んでいる方ならば、特にそう思えるかもしれません。
朝の忙しい時間に野菜や果物を洗って、カットして、ミキサーにかけて、と短時間で用意しなければいけないので本当に大変です。

 

毎回ミキサ―を洗うのだって、結構めんどうですよね。

 

それなら、いっそのことまとめて作ってしまうのは?グリーンスムージーって、保存できないのでしょうか?
手間暇や時間省略のため、いっぺんに作ってしまい作り置きしたい、と思いますよね。

 

答えは、残念ながらNo、グリーンスムージーの作り置きはお勧めできません。
作りたてをすぐに飲むのがグリーンスムージーの最も効果的な正しい飲み方なのです。

 

なぜ、作り置きができないのかその理由はいくつかあるんですよ。
まず、グリーンスムージーは作ってから時間が経過すると
酸化が進んでしまい、酵素の量が激減してしまうからです。
それだけでなく、ビタミンなどの栄養素も減り、味が劣化します。
結果的に鮮度も落ちて、栄養素がほとんど失われることになります。

 

ですから、作ったら、そのまますぐに飲むのが大切!
そうしなければまったくと言っていいほどグリーンスムージーから得られる効果がないのです。
作りたて、新鮮、栄養が生きているうちにおなかに届けないといけないわけですね。

 

それでも、どうしても作り置きをしておきたい、そういう時にはレモンの使用がおすすめです。
変色や味の劣化を多少、抑えることができますよ。
レモンには抗酸化力があるからです。そして、冷蔵庫で保存して早めに飲み切りましょう。

 

もしくは市販のグリーンスムージーを利用する手もあります。
市販のグリーンスムージーならパウダーと水を混ぜてシェイクするだけなのでとても便利です。
これなら作り置きする必要もありませんし、いつでも何処でも簡単に作ることができます♪

 

そして、市販のスムージーには自分で作る場合と比べ、栄養素の量も格段に多いのです。
後片付けの手間も無いことから、最近はミキサーで作るよりも市販のもので取り組まれる方が多いですよ♪


効果的な飲むタイミングとは

自分で作るのはデメリットばかり?

タイミングは何時でも良いと思っていませんか?実はスムージーを飲む時間によってダイエット効果が…

>>詳細ページへ

野菜を購入しミキサーで作る自家製スムージー。実はデメリットが多いって知ってますか?自分で作ると…

>>詳細ページへ

スムージーダイエットって何?

本当に痩せるのか?

近年人気になった方法ですので、体験したことがない方の中にはどういった方法なのか分からない方も…

>>詳細ページへ

話題のダイエット方法ですが、実際に痩せるのか痩せないのか、そういった疑問を持たれる方も多く、今回は…

>>詳細ページへ